エアロバイクの選び方~タイプ別にご紹介!~

テレビ・ニュースなど”エアロバイクは、選び方一つで継続してエアロバイクが使っていけるか変わります。

まず、エアロバイクには3つのタイプがあり、一つ目は「アップライトタイプ」です。「アップライトタイプ」は一番近いのは自転車をイメージするとわかりやすいと思います。

上体を起こして、体を真正面に向けてペダルとこぐというタイプです。このタイプは、比較的足への負荷が軽いので初心者に向いています。

初心者でもちょっと負荷をかけたい場合には、変速機能を使って負荷をかけることができます。

二つ目は「スピンバイク」です。このタイプは、競輪選手をイメージするとわかりやすいと思います。スピンバイクは前傾姿勢になるのでハードなトレーニングをしたい人におすすめです。

三つ目は「リカベント」です。このタイプはもたれかかってべダルをこぐタイプです。こぐ際には屈伸を使うため、足だけでなく腰にも負担がかかります。そのため、腰痛を持っている人や高齢の人にはあまりおすすめをしません。

このように、エアロバイクの選び方は、自分のレベルにあったものを選ぶのが最適です。

自分のレベルに合わせる

エアロバイク選びの重要なポイントは、自分の目的は何なのか、自分のレベルはどのくらいなのかを考えることです。
エアロバイクには、主にアップライトタイプ、リカンベントタイプ、スピンバイクタイプがあります。

アップライトタイプは、自転車のような形をしていて、コンパクトなのが特徴です。

比較的安く、少し運動不足を解消したい、本格的ではなく気軽に挑戦してみたいな、という方にオススメです。更に、他のタイプと比べコンパクトなので軽いものが多く、移動も楽チンです。
リカンベントタイプは、背もたれがついているのが特徴です。

背もたれがあることによって少し楽になり、高齢者の方など少し体力に自信のない方に向いています。携帯ゲームをしながら運動なんかもできて、空き時間などに簡単に挑戦できます。

スピンバイクタイプは、前傾姿勢でスポーツ用自転車のような形をしているのが特徴です。腰の位置が高く、他のタイプと比べ体力が必要となるため、本格的な運動をしたい方におすすめです。体力に自信の無い方や、初心者、高齢者には向いていません。

エアロバイクは値段だけで決めてはいけない

エアロバイクは、家で手軽に運動ができるため人気の高い健康グッズの一つです。

しかし値段だけで決めては後で後悔することになります。失敗しないエアロバイクの選び方には、値段以外にも目的や自分の体の状況などを考える必要もあるのです。

一例をあげると、腰やひざに不安がある方は、より負担が少ない姿勢でできるリカンベントタイプのエアロバイクを選ぶことができます。背もたれがついていますので、より膝に負担をかけずに運動をすることができます。

もしひざや腰にあまり不安がないなら、省スペースが期待できるアップライトタイプを選ぶことができます。またより運動負荷をかけたいというなら、競輪用の自転車のような前傾姿勢になるスピンバイクタイプがおすすめです。

ほかにも折りたためるものや、ペダル部分だけがあるミニサイズもあります。このように自分の体、スペース、運動強度などを加味した上で選ぶなら後で後悔することはなくなるでしょう。

おすすめエアロバイクランキング

自宅で使用するエアロバイクを購入する際には、まずエアロバイクを置く場所を確保し、その置き場所に合うサイズの物を選ぶことが大切です。

機能やデザインにこだわって選んでも、快適にエアロバイクを漕げる環境でなければ、なかなか運動が長続きしません。部屋を圧迫するようなサイズの商品は避けましょう。
エアロバイクを誰が使うのか、どのような目的で使うのかをはっきりさせた上で購入することも大事です。

エアロバイクには、アップライトタイプ、スピンバイクタイプ、リカンベントタイプの3種類があります。アップライトタイプは、もっとも一般的な幅広い層に使いやすいタイプのエアロバイクです。スピンバイクは、負荷を掛けてしっかり運動やトレーニングをしたい人向けです。

リカンベントタイプは、背もたれにもたれた姿勢でバイクを漕げるので、高齢層を中心に人気があります。自分の求めているエアロバイクがどのタイプか見極めた上で選んで下さい。

エアロバイクランキング1位 フィットボックス


フィットボックスは、アマゾン、楽天ランキングで1位を獲得した話題のエアロバイクです。
静音、自宅で楽しく使えるエアロバイクと言えます。
フィットボックス口コミ

エアロバイクの機能

エアロバイクは価格帯が20.000円位から、10万以上するものまでいろいろありますが、体験から言うと、機能や、仕様が、自分が必要としているかどうかです。マンションなら、騒音に対応してい静かなタイプ、ダイエットに使うなら、心臓や、肺機能、など、有酸素運動を取り入れたタイプ、また部屋のサイズにより動かしやすい、コンパクトで軽量タイプなど、必要な情報から検索して、自分に合った機能から探します。

価格帯から絞り込み、次に機能をみて比較すれば、大きな失敗は防げます。私は初めジムで使った商品を探して決めてしまいました。機能はダントツでしたが、とにかく重たい。移動することができなくて、掃除のたびに苛々してしまいました。

機能は申し分なかったのですが
3か月ほどで、手放してしまいました。次は軽量なものにしました。

しかし、安定感が悪くて、こちらも、次第に使わなくなりました自分の条件を書き出し、3台目は、優先順位から探して決めました。今は気に入っています。